機能解剖学・運動学・生理学の基礎に基いた現場で活かせる知識と技術を提供します

〒663-8177 兵庫県西宮市甲子園七番町17-28-203

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

09096228664

セミナー詳細

2020年新潟セミナー

セミナー開催を中止致します

 

日程のお振替を承ります。

(お振替困難な場合は、ご相談を承ります。)

 

ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

ご理解・ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

 

健康運動指導士及び健康運動実践指導者の登録更新に必要な単位:13.0単位(講義3.0単位・実習10.0単位)【認定番号:206048

②JAFA教育単位:13単位【認可番号:認可番号:19-601(1日目)、19-602(2日目)】

※1日のみ参加の場合、各半分の単位となります。

 

<日程>2020年4月4日(土)・4月5日(日) <定員>20名/1日 <受講料>8,000円/1日(税込)

<会場>朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 306・307

<持ち物>動きやすい服装・タオル・筆記用具・認定カード(JAFA有資格者のみ)・健康運動指導士証もしくは健康運動実践指導者証(受付で確認します) ※更衣室の設置はありません

<スポーツ&フィットネス指導者のための下肢・骨盤帯の障害予防セミナー>

1日目:4月4日(土)  *受付9:05~

 

「下肢の捻挫・靱帯損傷の診かたとコンディショニングの実際」

 

<講演内容>

足関節および膝関節の捻挫や靭帯損傷の発生件数は多く、現場では適切な対処が求められる。また、受傷後の現場復帰の判断や再発予防の対策は極めて重要な問題であり、特に骨や筋が未熟な幼少期の対応は将来を大きく左右する可能性もある。本セミナーでは捻挫及び靭帯損傷を機能解剖学的に基礎から解説し統計学的なデータも理解する。それに基づき、捻挫や靭帯損傷が発生した場合の応急処置、適切な機能評価、回復や再発予防のためのコンディショニング方法を具体的に紹介する。

 

◇捻挫・靭帯損傷の易学

◇下肢の機能解剖

◇捻挫・靭帯損傷の応急処置

◇捻挫・靭帯損傷に対するテーピング

◇捻挫・靭帯損傷に対する機能評価

◇捻挫・靭帯損傷からの回復と再発予防のためのコンディショニング

◇捻挫・靭帯損傷からの回復と再発予防のためのセルフコンディショニング

 

 

<講師>

大平雄一(理学療法士) 一般社団法人ウェルネスコンシェルジュ協会 代表理事

 

 

<タイムスケジュール>

9:20~10:50 講義

 下肢の捻挫・靱帯損傷の診かたとコンディショニングの実際 ~理論編~

11:00~12:30 実習

 下肢の捻挫・靱帯損傷の診かたとコンディショニングの実際 ~実践編~

13:10~16:40 実習

 下肢の捻挫・靱帯損傷の診かたとコンディショニングの実際 ~実践編~

 

2日目:4月5日(日)  *受付9:05~

 

「骨盤の歪みの診かたとコンディショニングの実際」

 

<講演内容>

骨盤の歪みが身体の様々な不調の原因になりうることは一般的にも認識されており、「骨盤矯正」というキーワードも広く用いられるようになっている。しかし複雑な骨盤の構造や機能まで理解することは難しく、方法論ばかりが先行すると効率的なコンディショニングが展開できないばかりか逆効果になってしまう可能性もある。本セミナーでは骨盤の機能解剖を基礎から分かりやすく解説し、それに基づいた評価方法で骨盤の歪みを正確に捉え、それを改善するための具体的なコンディショニング方法を紹介する。

 

◇骨盤の歪みと骨盤矯正とは?

◇骨盤の機能解剖

◇骨盤の歪みの機能評価

◇骨盤の歪みのセルフチェック

◇骨盤の歪みに対するコンディショニング

◇骨盤の歪みに対するセルフコンディショニング

 

 

<講師>

大平雄一(理学療法士) 一般社団法人ウェルネスコンシェルジュ協会 代表理事

 

 

<タイムスケジュール>

9:20~10:50 講義

 骨盤の歪みの診かたとコンディショニングの実際 ~理論編~

11:00~12:30 実習

 骨盤の歪みの診かたとコンディショニングの実際 ~実践編~

13:10~16:40 実習

 骨盤の歪みの診かたとコンディショニングの実際 ~実践編~

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

09096228664

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。